TOP

京都府精華町のみう眼科クリニック|加齢黄斑変性 VEGF PDT 視力低下 歪んで見える

みう眼科クリニック

文字サイズ 拡大 標準 0774-72-1120 駐車場完備

診療時間

加齢黄班変性

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性は社会の高齢化にともない、患者さんが急増している病気です。加齢が原因で起こる目の病気で、ものを見るために最も重要な黄斑部に出血や水が溜まり、視力が低下する進行性の病気です。
加齢黄斑変性は、欧米では失明原因の第1位を占める疾患で、現在わが国の失明原因の4位に挙げられています。今後、超高齢化社会では、より一層に患者数が増加することが予想されます。
「黄斑」とは、網膜の中心にある、直径1.5~2mm程度の物をよく見るときに使う大変重要な部分です。黄斑に異常が生じると、それがわずかなものでも視力を低下させ、しばしば回復が困難となります。
そして加齢により黄斑部の細胞のはたらきが悪くなると、酸素や栄養分の供給が低下し、老廃物が蓄積されてきます。この状態がさらに進行すると、黄斑部に異常な血管(新生血管)が生じ、出血や網膜剥離を起こします。自覚症状としては、視力低下、物が歪んで見える、見たい所が見えないなどがあります。

加齢黄斑変性の診断について

新生血管が生じると、出血や網膜剥離により視力が著しく低下しますので、新生血管の特定が重要となります。当院では、眼底カメラによる眼底撮影検査を行い、新生血管の状態を調べます。さらに、最新鋭の光干渉断層計(OCT)を用いて、黄斑部の断面像を正確に捉え診断の補助としています。

加齢黄斑変性の治療法

現在のところ、飲み薬や目薬だけで変性を治し視力を回復させる方法はありません。 新生血管が生じた場合、当院では、次に挙げるような最新の治療法で治療を受けることが可能です。加齢黄斑変性と一言で言っても病気のタイプによって同じ治療法でも効果はさまざまです。したがって当院では、精密検査によって加齢黄斑変性のタイプを見極め、各治療単独、もしくはいくつかの治療を併用するなど、病状に応じた治療を行っています。

抗VEGF阻害剤硝子体注入
滲出型加齢黄斑変性は、網膜の下の脈絡膜に新生血管が生じます。この脈絡膜新生血管の発症や進行に関与すると言われているVEGFという物質の作用を抑制する抗VEGF薬を直接硝子体腔に注射する最新の治療法です。抗VEGF阻害剤には「ルセンティス」と「アイリーア」があり、病状により使い分けを行っています。いずれも目の中(硝子体腔)に6週あるいは4週ごとに2~3回注射します。その後は定期的に診察をして、脈絡膜新生血管の活動性が見られれば、再度注射を行います。