TOP

クリニック紹介|京都府精華町のみう眼科クリニック | 女医

みう眼科クリニック

文字サイズ 拡大 標準 0774-72-1120 駐車場完備

診療時間

クリニック紹介

写真をクリックすると大きく表示されます
外観
入口
受付
待合
待合
検査室
コンタクトコーナー
診察室
診察室
処置室
エレベータ
2F手術フロア入口
ご家族控室
手術室
回復スペース
トイレ

検査・手術機器

細隙灯顕微鏡

角膜から眼底まで光を当てて精密に検査を行います。光を眼に当て眼球各部位の状況を観察し、角結膜炎、虹彩炎、白内障、緑内障、網膜疾患などさまざまな疾患をみます。HDビデオカメラを取り付け、角膜、白内障などの前眼部の状態を高精細に撮影し、モニターに映像を映し出すことができます。

光干渉断層計 OCT

OCT検査(光干渉断層計検査)は、網膜、脈絡膜および視神経の断層画像を撮影する装置で、黄班疾患、糖尿病網膜症などの網膜疾患や緑内障などの視神経疾患の診断・治療に役立てます。

ハンフリー視野検査(静的視野検査)

中心部視野の詳細な状況を観察するもので、明るさを変えることにより測定点ごとの感度を記録し数値で表します。主に緑内障の経過観察で使います。

グリーンレーザ光凝固装置

眼底にある網膜にレーザー光を照射することで症状の進行を抑制する治療に使用します。主に糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔に用います。

YAGレーザー(ニデック)

白内障術後の後嚢混濁(後発白内障)・前嚢収縮に対するレーザー治療装置です。 レーザーを用いて水晶体嚢の混濁を切除・切開することによって低下した視力を改善します。

光干渉式眼軸長測定装置

眼球の長さ(眼軸)を測る装置で、白内障手術時に必要な眼内レンズの度数を決定する装置です。

超音波白内障手術装置(ニデック)

白内障手術を行うための装置です。安定した操作性で安全な手術を実現いたします。また、手術室はHEPAフィルター(埃や塵を除去する特別な換気システム)を備えつけておりクリーンな環境を保っています。