TOP

緑内障|京都府精華町のみう眼科クリニック | 視神経乳頭陥凹拡大 眼圧

みう眼科クリニック

文字サイズ 拡大 標準 0774-72-1120 駐車場完備

診療時間

緑内障

緑内障について

緑内障は、悪化すると失明の危険性がある怖い病気です。
緑内障とは、眼球の後ろにある視神経が傷んでしまう疾患のことを言います。視神経は、網膜に映った映像を脳に伝える役目があるのですが、その一部が欠損すると一部の映像が脳に伝わらず、視野の一部が欠けて見えなくなる視野欠損や視野が狭くなる視野狭窄が起こります。視野が狭くなるため歩いている時よく物にぶつかったりすることもあると思います。

視神経が傷む理由としては、もともと視神経が弱い方、もしくは眼圧が上昇し、圧がかかったため傷んでしまうことが考えられます。視神経の傷みが悪化すると失明の危険もありますので、気になる症状の場合や健康診断などで視神経乳頭陥凹拡大を指摘された場合は緑内障の可能性が考えら得られますので、すぐに専門の眼科医に見てもらうことが必要です。

緑内障になりやすい方

・40歳以上
・身内に緑内障の患者がいる方
・近視が強い方

40歳を過ぎたら緑内障の定期的な検査をお勧めします

残念ながら傷んだ視神経は元にもどすことはできませんので、緑内障は早期発見早期治療が第一となります。
緑内障は、自覚しづらい病気の上、日本人には眼圧が正常なのに緑内障になる正常眼圧緑内障の方が多いため、眼圧測定だけでは緑内障の疾患をすべて見つけることができません。
眼底検査により視神経乳頭の陥凹を確認することで、おおよその緑内障を発見することができますので、40歳を過ぎたら専門の眼科医院で緑内障の検査を定期的に受けることをお勧めします。

当院での検査

眼圧検査
眼圧検査とは、房水という液体によって保たれている眼球の固さ(眼圧)を測定する検査です。正常値は10~21mmHgです。
隅角検査
眼圧が高いとわかったときに、隅角の状態を調べ、開放隅角緑内障か閉塞隅角緑内障を見分けその程度を確認します。
眼底検査
眼底カメラを用いて視神経乳頭の陥凹を、直接確認する検査です。
眼圧測定ではわからない正常眼圧緑内障を調べる際の重要な検査のひとつです。
視野検査
視野計測器により、視野が欠けていないかをチェックします。
緑内障では視神経の障害はゆっくりと起こり、視野も少しずつ狭くなっていくため、初期は自覚症状がほとんどありませんが、定期的に視野検査を行うことで、病気の進行段階を把握することができます。

緑内障の治療

緑内障は早期発見早期治療により病気の進行を抑えることができます。
治療方法としては、薬物療法・レーザー治療・手術がありますが、すべての緑内障の患者様に対して同じ治療効果があるのではなく、緑内障の種類や病気の正確な診断が非常に重要になってきます。

緊急性の高い急性緑内障の場合は、手術治療が第一選択になりますが、徐々に進行する慢性緑内障の場合は、まずは点眼薬で眼圧を下げる治療が一般的です。